妊娠中

MENU

授乳中や妊娠中にも飲めるの?

アミノ酸,授乳中,停滞期,

 

健康や美容、ダイエットに効果があると話題のサプリメント、
肥後すっぽんもろみ。

 

授乳中や妊娠中に飲むことはできるのでしょうか?

 

授乳中は飲んでも問題はありませんが、妊娠中には飲まないほうがいいです。

 

妊娠中にアミノ酸を過剰摂取してしまうと、
胎児の過剰生育や将来的に巨人症になる危険があります。

 

すでにアメリカのFDAでは警告文も出ているほどなので、妊娠中は避けましょう。

 

すっぽんもろみにはアミノ酸が黒酢の312倍も入っているので、妊娠中は控えましょうね。

 

アミノ酸は体内で作られる非必須アミノ酸のほか、食品からも摂取できるので、
食品から摂るようにしましょうね。

 

すっぽんもろみをもし飲むなら産後にしましょうね。
授乳中は赤ちゃんに栄養を持っていかれるし、疲れて、肌の調子も悪くなったります。

 

すっぽんもろみは栄養が豊富なので、健康にも美容にもいいし、
産後ダイエットの体づくりをすることができるので、授乳中に飲むのをお勧めしたいと思います。

 

ぜひ、すっぽんもろみを飲むなら出産後にしましょうね。

 

ダイエット中の停滞期について

 

アミノ酸,授乳中,停滞期,

 

ダイエットを始めて、しばらくは順調に体重が落ちても、減らなくなる時期って
必ずありますよね。

 

それが停滞期というもので、停滞期に挫折してしまって、
ダイエットをやめてリバウンドしてしまう人ってすごく多いんですよね。

 

でも停滞期は順調にダイエットができている証拠なんですよ。

 

ダイエット中の停滞期が起こる理由は危機管理システムである「ホメオスタシス機能」
によるものです。

 

ホメオスタシス機能は、人間が生きるために重要な体温や血糖値の調節などを、
外部環境が変わっても常に正常に保つための働きをします。

 

食事からのエネルギー吸収率や、運動した時の消費エネルギーなどもこれによって
調節されています。

 

ダイエットだけでなく、食事がほとんど取れない生活が続いたときなど、
体重減少が起きたときに、ホメオスタシス機能が働いて、
食事からのエネルギー吸収率が高くなって、運動時の消費エネルギーも低くなってしまい、
それ以上の体重減少を防ぎます。

 

ダイエット中でないときはすごいシステムだと思いますが、ダイエット中だと
厄介なシステムです。

 

停滞期に入った場合の対策として、
そのままバランスの良い食生活と、適度な運動を続けることしかありません。

 

停滞期は停滞期前に減った体重を維持することを目的にして、
また来る減少期を待つしかありません。

 

ホメオスタシス機能は一定時間同じ状態が続くと一度解除されるので
そこまで待ちましょう。

 

ちなみに体重の5%減少したタイミングで停滞期は始まり、1ヶ月くらい続きます。

 

停滞期を乗り越えてダイエットを成功させるには、

 

  • 極端な食事制限や激しい運動などでのダイエットを避ける
  • 停滞期も考えて目標を設定すること
  • こまめに体の状態や生活習慣を記録して、振り返ること

 

がポイントになります。

 

停滞期を乗り越えてダイエットに成功しちゃいましょうね。

 

すっぽんもろみが効果なしって時はどうしたらいい?
(当サイトの該当ページにとびます)